2010年06月11日

4ホテルがブイヤベースで競演!“千産千消”推進(産経新聞)

 千葉の農水産物を県内で消費する「千産千消」を推進しようと、ご当地グルメ「白子流ブイヤベース」をモチーフにしたオリジナルブイヤベースを県内のホテルで提供する『海と大地に恵み ちばグルメフェア〜ブイヤベース〜』が30日まで開催されている。

 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(浦安市舞浜)▽ホテルニューオータニ幕張(千葉市美浜区)▽京成ホテルミラマーレ(千葉市中央区)▽オークラアカデミアパークホテル(木更津市かずさ鎌足)の4ホテルで同時に実施。県と白子町商工会が後援している。

 「白子流ブイヤベース」は、平成20年に白子町の観光活性化のために開発されたご当地グルメ。白子町名産のトマトやタマネギ、房総の海の恵みである青魚のつみれを使って、仏料理の海鮮スープ、ブイヤベースをアレンジ。町内の飲食店や宿泊施設では、和風、洋風、中華風など、さまざまな「白子流」が楽しめる。

 今回のフェアでも各ホテルが腕を競い、さまざまな「白子流」を作り上げた。香り高くスタンダードに仕上げた「シェラトン風」、スパイシーなスープでレッドカレー風に仕上げたニューオータニの「恋する!?ブイヤベース」。食事の“締め”に、きしめんとチーズでリゾット風にして食べるのは「ミラマーレ風」。オークラの和風ブイヤベース風鍋「房総の海鮮恵みの鍋」は、特製みそをかくし味に使っている。

 4ホテルそれぞれの味を試食した森田健作知事は、「どれもシェフが何を伝えたいかがわかる料理。ぜひ自分の舌で確かめて、多くの人に千葉の食の素晴らしさを伝えてほしい」と絶賛した。

 今回のフェアで、数ある千葉ご当地グルメの中から「白子流ブイヤベース」が

選ばれた理由について、担当者は「房総の海と山の幸がバランス良く楽しめ、各ホテルが一家言を持つブイヤベースをモチーフにしているというところが魅力」と話している。

【関連記事】
「シーフード・ジャンバラヤ」お米を使った南部料理の決定版
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」
トマトラーメン 健康志向追い風の赤い新定番!?
神戸のグルメ店いくつ星 ミシュランガイド、秋に新刊
高品質、低価格で需要増 スペインの発泡ワイン「カヴァ」

宮崎県境の道路、一部封鎖を検討=口蹄疫の感染防止で―鹿児島県知事(時事通信)
民主党 主な新役員の会見要旨 枝野幹事長(毎日新聞)
無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗
<菅内閣>政策の行方は? 公約見直しも視野(毎日新聞)
同僚内「から揚げ好き」で有名…窃盗ばれる(読売新聞)
posted by タダ ヨシイチ at 23:12| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

外交文書30年で原則公開、廃棄・非公開は新委員会で決定(産経新聞)

 岡田克也外相は25日、大臣訓令に基づく「外交記録公開に関する規則」を制定し、作成後30年を経た外交文書を原則自動的に公開することを決めた。「国の安全が害される」「他国・国際機関との信頼関係が損なわれる」として外務官僚が非公開や廃棄が適当とした文書については、外務副大臣が委員長を務める「外交記録公開推進委員会」で最終判定することになる。

 日米間の「核密約」解明を機に、情報公開をめぐる判断を全面的に官僚の裁量に委ねてきた在り方を改める狙いがある。

 これまで外務省は「30年を経た外交文書は公開する」との基本方針は定めていたが、それを担保する内規が存在しなかった。文書の公開は外務省外交記録審査室が判断し、官房長、各局長らで構成する外交記録公開審査委員会の承認を受けることになっていた。

 新たに定めた規則では、外交記録公開審査委員会を副大臣をトップとする「外交記録公開推進委員会」に改組。3人の民間有識者を常任委員に加え、(1)文書公開の優先順位や対象(2)公開目標日程の設定(3)省内審査で廃棄や非公開とされた文書の適否の判定−などの権限を委ねた。推進委の決定には外相の了承が必要となる。

 例外的に非公開が認められるのは、個人・法人情報▽国の安全が害される▽他国・国際機関との信頼が損なわれたり、交渉上不利益が生じる−と判断された文書に限られる。これを外相が認めるだけの相当の理由が必要となる。

 一度「非公開」と決めた文書についても5年後に再審査する規定も設けた。

 一方、文書管理を担う外交記録審査室と情報公開室を統合し、「外交記録・情報公開室」を新設。担当の人員も70人から100人に増員し、公開審査の迅速化も図る。

 このほか、省内で「文書管理専門官」を認定し、文書管理の人材を育成することや、「外交史料館」の設備・書庫の拡充検討などを盛り込んだ。新規則にあわせ、文書の廃棄手続きについても現在ある文書管理規則を改定する。

【関連記事】
中国、盗み放題? ダライ・ラマらに大規模ハッキング
外務省、密約文書紛失で調査チーム
有識者委員ら文書欠落を批判 日米密約で参考人質疑
外交文書の保存強化検討 積極公開に向け初会合
外務省の「密約」説明、横須賀市長「納得できない」
虐待が子供に与える「傷」とは?

地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
<H2A>打ち上げ…金星探査機「あかつき」載せ 種子島(毎日新聞)
雑記帳 相続問題を落語で(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半2日目 産業安全技術館、開館は平日日中(毎日新聞)
<WHO>臓器提供指針案を採択(毎日新聞)
posted by タダ ヨシイチ at 11:58| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に(毎日新聞)

 大津地裁で26日開かれた裁判員裁判で、強盗致傷罪などに問われた被告が「死刑にして」と繰り返すのに対し、裁判員が「責任を取ってから死んでください」と発言する場面があった。

 起訴状によると、住所不定、無職の松下宏被告(65)は01年9月、滋賀県内のパチンコ店で男性店長(当時57歳)に包丁を突き付けて全治10日間のけがをさせ、現金約117万円を奪ったとされる。被告は25日の初公判で起訴内容を認め、「死刑にしてください」と発言。26日の被告人質問でも弁護人、検察官に「生きていたくない」「今すぐ殺してほしい」などと答えた。

 裁判員の1人目として、男性裁判員が「被害者に弁償する気はありますか」と質問。松下被告が「生活保護で返す」などと答えたため、この裁判員は「死刑を望みながら、弁償するというのは矛盾している。全額返済し、責任を取ってから死んでください」と言って質問を終えた。松下被告はうつむいて聞いていた。最後に坪井祐子裁判長が「何か言いたいことは」と問うと被告は改めて「死刑にしてください」と述べた。

 検察側は懲役7年を求刑し、結審した。判決は27日。【前本麻有】

【関連ニュース】
強盗強姦:裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁
裁判員裁判:強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避
裁判員裁判:強盗米兵「行動力アピール」が動機 那覇地裁
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」
裁判員制度:「名付け親」松尾氏が講演

両陛下が障害者施設をご訪問(産経新聞)
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
<失業>パーソナル・サポート導入など検討 政府チーム(毎日新聞)
法務省、地方移管にゼロ回答=出先機関改革で公開討議―政府(時事通信)
国民投票法が施行(産経新聞)
posted by タダ ヨシイチ at 13:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。